社会福祉法人三穂の園 住倉学園のホームページへようこそ!!

 

すみくらブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
運動会ごっこ
2020-10-30
 今週は、児童発達支援センターにて運動会ごっこを開催しました。
運動会をイメージできる運動競技を療育活動の中でお子さまだけで園庭にて行いました。
競技では、年長児さんが障害物競走やリレーやお遊戯ダンスなどに頑張って参加しました。待っているお子さまたちは、『がんば~れ!!』などの掛け声を大きな声で走っているお子さまに向けて送るなど、みんなで一体感のある運動会ごっこができ、素敵な思いで作りとなりました。
 
               福山東児童発達支援センター A
 
コスモス畑
2020-10-29
 
今月初めより、皆で協力して作っていたコスモス畑が完成しました!
ピンクや水色、オレンジ...など色々なコスモスを沢山作ってくれ、とてもきれいなコスモス畑になりました。
空を飛んでいるトンボやコスモスの一部は以前来られていた実習生の方が作ってくださったものです。
青い空を楽しそうに飛んでいますよね♪
 
来年はコロナが落ち着き、皆で本物のコスモス畑を見にいけますように!!
 
 
第2ドリームガーデン  K
 
 
神秘的...
2020-10-27
 朝晩の気温がぐっと下がり、冬に向かっているのを実感する今日この頃ですが、いかがお過ごしですか?
 
 私たちの住んでいる地球・・・。  考えてみればとても不思議で神秘に満ちています。地球が生まれたのが46億年前。私たちの生きる年月からするとはるかの昔のようですが、宇宙レベルで考えるとそう昔ではないとのことです。
 
 何もないところから46億年かけて今の地球になっているのです。皆さんも一度は社会の勉強で学んだ地球の歴史。海の中の生物がやがて陸地に上がり、進化していく。その延長で私たちの祖先が生まれたのですよね。
 
 先日例の天然さんとの会話で「どうして地球は自転して回っているのに私たちは回っていないの不思議じゃないですか?」と聞かれました。回りにいた人達は思わず「何の話をしているの?」など聞き返してしまいました。
 
 子どもの頃は様々な不思議を見つけ、調べることで新たな発見をすることに楽しみを見出していたが、大人になると様々なことが忙しくてそんなこと忘れてしまっているのかもしれません。 このような疑問をもち、それを探究する心をもち続けることで今の便利な暮らしや新たな発見があるのかもしれません。また一つ天然さんに学ばせていただきました。
作業所 H
 
実家へ~
2020-10-26
先日、久しぶりに実家へご飯を食べに行ってきました!
 
まだ実家が慣れていない様子の我が子は、
到着後は緊張した表情を見せていましたが、
すぐに慣れた様子で普段通りのやんちゃっぷりを発揮していました。(笑)
やんちゃに遊んでいましたが、姪っ子たちが到着した途端、
キョトンとした顔でフリーズしていました。(笑)
晩御飯を食べた後からは、さっきまで緊張していた姪っ子たちに遊んでもらい、
とてもいい表情で楽しそうにしているのを見ながら、私自身はほっこりとしました
 
もちろん、帰りの車内は爆睡で、家に着いてからも寝続けていたため、
お風呂に入るときには起こされたのが嫌で大号泣
普段は寝るまでに遊びまわりますが、この日はすぐに寝てくれました。
楽しい一日になったんだろうなと思いながら、隣で私も爆睡させてもらいました。(笑)
 
 
グループホーム住倉 N
 
やきいもパーティー
2020-10-23
 福山東児童発達支援センターでは、この秋に、初の『やきいもパーティー』を
療育活動の行事として行う予定です。
 
 とっても素敵なBBQグリルを法人の職員さんがドラム缶から作ってくれたので、
これを使って食育活動の一環として『やきいも』を作ってみようと計画しています。
 
 まずは、火おこしや焼き具合の確認のため、療育後に職員が集まり試行してみました。
火おこしも慣れたもので、職員Kさんが吹くとあっという間に火が広がりました!!
お芋を入れてから40分ほどでホッカホカのお芋が焼きあがりました。
11月初旬にお子さまたちと本番です!!
みんなが育てたサツマイモが、当日もうまくいくことを祈っています。
 
 
               福山東児童発達支援センター M
qrcode.png
http://mihonosono-sumikura.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人三穂の園 住倉グループ>> 〒713-8111 岡山県倉敷市玉島服部字弥高3788-1 TEL:086-525-2522 FAX:086-525-2411